• トップ /
  • 賃貸の退去時のポイント

賃貸規約のチェック

賃貸の退去時のポイント

賃貸の敷金の戻りを多くするコツ

賃貸マンションから退去をする時には、敷金などまともに戻ってこないと思っている人もいるでしょうが、立ち回り方次第で、戻ってくる金額を多くすることができますので、意識しておきたいところです。ポイントとなるのは、ダメージの内容です。特に自分が何かミスをして付けてしまった汚れや傷ではなく、普通に生活をしていく中で自然と劣化した部分に関しては、退去時に責務が生じるものではありません。ですから、そういった状態であれば、きちんとクリーニングを行っておけば、敷金は多く戻ってくるものです。賃貸マンションの規約に大事なことが書かれてあることもありますから、きちんとチェックしておくことも大切です。

部屋を退去する時のコスト

賃貸の部屋を退去する時には、基本的には敷金から部屋の修繕費などが引かれるので、コストはかかりません。部屋の修繕費についても、通常の使用による劣化などは大家さんの負担となります。故意や過失によって壁に傷をつけた場合などでもない限りは、修繕費が敷金から引かれることはありません。1ヶ月前の予告をすれば、違約金もかかりませんが、家賃の日割り計算ができないようになっているケースのほうが多いので、例えば5月1日に解約をしてしまうと、5月分の家賃がまるまるかかってくることには注意をしておきましょう。賃貸契約の内容をしっかりと確認しておくことが重要です。

↑PAGE TOP