• トップ /
  • 賃貸アパートの退去時の敷金精算

賃貸の原状回復義務

賃貸アパートの退去時の敷金精算

賃貸アパートで気を付けること

賃借人は、賃貸アパートから退去するときに、入居した時点で預けておいた敷金精算してもらえます。今の時代では、敷金、礼金なしという物件もありますが、通常なら家賃の1か月から2か月分くらいは敷金を賃貸人や管理会社に預けておきます。退去時には、アパートの原状回復義務があるので、経年劣化によるもの以外の、故意や不注意で汚してしまったり壊してしまったりした箇所を修理費用として徴収されます。修理費用は、敷金から差し引かれ余った分は自分の手元に変換されます。修理費用が敷金を上回れば現金で足さなければなりません。

物件を退去する時の注意点

多くの人が賃貸物件に住んでいます。入るときはさほど問題ありませんが、退去するときは注意する点があります。敷金が返ってくるわけですが、部屋の状況によってはそのお金が減額されてしまう可能性があります。ですので、最後に行われる立会には細心の注意が必要です。まず、立会人が管理人本人ではない場合。不動産仲介業者が立会をする場合が多く見受けられますが、中には悪徳業者と呼ばれるところも存在します。料金が気に入らなかった場合はサインをしないようにしましょう。どの程度負担するかに関してはきちんとルールが決められているのでそれを事前に用意しておくといいでしょう。このようなことを注意して賃貸物件からうまく退出しましょう。

↑PAGE TOP