• トップ /
  • 賃貸の退去時にかかる費用を節約

賃貸物件は綺麗に使う

賃貸の退去時にかかる費用を節約

賃貸の退去時に敷金が戻る

賃貸住宅の入居時には家賃の1ヶ月分程度の敷金をおさめておく場合があります。この敷金は退去をする時のクリーニング費用に充てることが多いのですが、住宅を綺麗に使用しておりハウスクリーニングの必要がない場合には、戻ってくる可能性もあります。入居時と退去時の比較写真を撮影するなどして、たいへんきれいな状態への原状復帰をセルフで行うことによって、敷金が戻ってくる可能性をより高くすることができます。賃貸住宅は、綺麗に使用することが重要であるといえますので、日常的に掃除をし、整理整頓を習慣づけるのが良いでしょう。

物件からの退去方法とは

賃貸物件からの退去するときに気を付けなければならないことがあります。それは、物件を借りている人には原状回復義務があるということです。原状回復義務とは、物件を借りる前の状態に戻すことを指します。したがって、部屋を改築している人はそれを元に戻す必要があります。基本的には、賃貸をしているときに物件を借りる人の都合で変更することはできません。そのことを意識しながら、部屋を出る準備を進めていきましょう。タイミングがあえば、大家さんとのコミュニケーションを十分とることも忘れてはいけません。大家さんに相談することが重要です。

↑PAGE TOP